1. HOME
  2. ごあいさつ

GREETING ごあいさつ

はじめまして、のぞみキッズクリニック院長の齋藤亜紀です。
この度、母の医院であるもりや小児科を継承し、新たにのぞみキッズクリニックとして再出発することになりました。

当院の特徴として、小児科一般診療だけではなく、アレルギー専門外来を行います。
アレルギー疾患は家庭での治療が重要ですので、小さなお子さんにはご家族の方に、学童期や思春期のお子さんには「アレルギーは大人にもつながっていく病気であるため、今後も付き合っていく病気だ」ということをしっかり理解してもらい、治療に参加できるようにお話しをしていこうと思っています。アレルギーについてしっかり理解してもらえるよう、時間をかけてお話しができるカウンセリングルームを設けました。アレルギーでお悩みのお子さんやご家族が前向きに治療に取り組めるよう支援していきます。

私自身、3人の子供の母親として、子育てに奮闘しながら日々を過ごしていますので、お子さんが病気になると、とても心配で不安という気持ちもすごくよく分かります。その不安を取り除けるように、ご家族の方の気持ちに寄り添いながら、診療をしていけたらと思っています。どうぞよろしくお願いします。

のぞみキッズクリニック院長
齋藤 亜紀 (さいとう あき)

のぞみキッズクリニック院長 齋藤 亜紀(さいとう あき)

経歴

2001年3月
岡山県立玉島高等学校 卒業
2001年4月
金沢医科大学医学部 入学
2007年3月
金沢医科大学医学部 卒業
2007年4月
川崎医科大学附属病院 初期臨床研修開始
2009年3月
川崎医科大学附属病院 初期臨床研修修了
2009年4月
川崎医科大学附属病院 小児科入局
2019年4月
清志会 もりや小児科医院就職/三宅医院 小児科就職

所属・資格

  • 日本小児科学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本小児科学会専門医
  • 日本小児科学会認定指導医
  • PALSプロバイダー新生児蘇生法専門コース修了
  • 日本小児アレルギー学会

PHILOSOPHY 当院の理念

こどもたちの「えがお」を育てる

こどもは、体調が悪いとぐったりしたり、機嫌が悪くぐずつきますが、元気になったとたん「えがお」が出てきて動き回ります。こどもは本当に正直です。
私は小児科医として治療に関わり、元気になったこどもの「えがお」がみれること、これほど幸せを感じることはありません。
またこどもが元気に「えがお」になれば、周りの大人も自然と「えがお」になります。自分のまわりにいる大人が「えがお」でいると、こどもは元気に「えがお」で育っていくと思うのです。
当院では、こどもたちの「えがお」を育てる、周りにいるご両親、おじいちゃん、おばあちゃんが「えがお」で子育てができるお手伝いができればという気持ちで診療を行っていきます。